ブログ一覧


シリカゲルの正しいゴミ分別と再利用方法を解説!

シリカゲルは、お菓子や食品の乾燥剤としてよく見かけるものです。
しかし、使用後のシリカゲルをどのように処分すればいいのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、シリカゲルの正しいゴミ分別方法と、再利用できる方法について詳しく解説していきます。

 

□シリカゲルのゴミ分別方法

 

シリカゲルは、多くの自治体で可燃ゴミとして分類されます。
しかし、自治体によっては不燃ゴミとして指定されている場合もあるため、ご自身の住んでいる地域のゴミ分別ルールを必ず確認するようにしましょう。

 

1: ゴミ分別ルールを確認する

 

シリカゲルを捨てる前に、必ずご自身の自治体のゴミ分別ルールを確認しましょう。
分別ルールについては、ゴミ出しパンフレットや自治体のホームページなどで確認できます。

 

2: 基本的な注意点

 

シリカゲルは、発火の危険性はありません。
そのため、特別な処理をする必要はなく、通常のゴミ袋に入れて捨てて問題ありません。

 

3: 子どもやペットへの注意

 

シリカゲルは、人体に無害な物質ですが、誤って口に入れないよう、小さなお子様やペットの手の届かない場所に保管するようにしてください。

 

 

□シリカゲルの再利用方法

 

シリカゲルは、乾燥剤として再利用できます。
再利用することで、ゴミを減らすことにもつながります。

 

1: 再利用方法

 

シリカゲルを再利用するには、電子レンジやフライパンなどで乾燥させる必要があります。

 

・ 電子レンジでの乾燥

シリカゲルを袋から出して、電子レンジ対応の容器に入れます。
電子レンジの「解凍モード」で2〜3分ほど加熱します。

乾燥後は、密閉容器に入れて保管します。

 

・ フライパンでの乾燥

フライパンを弱火で熱し、シリカゲルを入れます。

 

・ 天日干しでの乾燥

シリカゲルを天日に干します。
乾燥するまで、数時間ほど干します。

 

2: 再利用後の活用方法

 

乾燥させたシリカゲルは、布製または紙製の袋に入れて、乾燥剤として再利用できます。
靴や衣類の乾燥剤として使用したり、湿りやすい場所に置いておくと効果的です。

 

 

□まとめ

 

シリカゲルは、多くの自治体で可燃ゴミとして分別できます。
ただし、自治体によってルールが異なるため、必ずご自身の地域のゴミ分別ルールを確認するようにしましょう。

また、シリカゲルは再利用することも可能です。
再利用することで、ゴミを減らせます。

シリカゲルの正しいゴミ分別方法と再利用方法を理解して、環境に配慮した生活を送りましょう。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2023 合同会社アイワクリーン. All rights Reserved.